つまみ細工とは?

堀口調べですがちょっとご紹介。

薄地の布をつまんで折り畳み、母体の上に貼り付け、さまざまな意匠を浮彫り風に表現するもの。

布によるレリーフともいえる、日本独自の技法。

技法としては、三角つまみ、剣つまみ、丸つまみ、剣裏切り、丸裏切り、剣裏返し、丸裏返し、二重つまみ、耳撚(みみよ)りつまみ、折り返しつまみ、合わせつまみ、萼(がく)つまみの12種類がある。

歴史的には江戸初期が起源で、中期にはつまみ細工を用いた櫛(くし)、かんざし、薬玉(くすだま)などが大流行。後期には専門の業者も現れ、江戸土産(みやげ)として珍重された。明治以後何度か盛衰を繰り返したが、現在では芸術性を加味したつまみ絵なども盛んのようです。

という歴史のある技法みたいです。

先日、こんな繊細なお仕事をされているお客様がご来店。

何点か作品を見せていただきました。

IMG_1224 IMG_1257 IMG_1293 IMG_1303

本当に素敵ですね((((oノ´3`)ノ

 

今月はイベントもあるみたいです☆

そちらの情報も載せておきますので気になる方は是非足をお運びください(‘◇’)ゞ

 

「よみうりカルチャー手工芸フェア2017」

会期:2017.1.26(木)~1.31(火)
この内、前期と後期に分けて出展者が替わり、お客様の作品は後期に出展されます。
前期:1.26(木)~1.28(土)
後期:1.29(日)~1.31(火)

開場時間:10:00~19:00(最終日1.31のみ17:00まで)

開催場所:東急百貨店渋谷・本店3Fイベントサロン

後援:読売新聞東京本社 日本テレビ放送網

協力:日本手工芸指導協会

お客様自身もAmebaでブログをアップしており、

このイベントを始め、その他活動についての記事も掲載中のようですので是非覗いてみてください。

淺原大雅 (工房 大雅堂) http://ameblo.jp/tempesta2000/