カラーやパーマのダメージ原因はアルカリ

その影響で髪の内部がひび割れのような状態になり、うるおい成分が流出。

それがダメージとなって見た目や手触りを悪くするだけでなく、強度の低下により繰り返しの施術やカラー、パーマの持続にも悪影響を及ぼします。

そこで登場したのが、日本初上陸の新成分ジカルボン酸

この新成分の働きにより、髪が本来持っているうるおい成分を繋ぎとめられるようになりました。

トリートメントとは、髪が本来持っているうるおい成分に良く似た成分をダメージ部分に補給し、元気な状態に近づけることが目的です。

髪の毛は一度傷んでしまうと完全に元に戻すことができません。

トリートメントは今ある状態をキレイに保つためのサポート役的な存在ですね。

しかし、ジカルボン酸の登場によって、髪の毛は補修するのではなく傷ませないいう新しいケアの時代になりました。

トリートメントは治療。ジカルボン酸は予防。という感じです。

風邪をひかなければ薬はいりませんからね(^_^)v

既にダメージしている部分は地道に補修ケアを繰り返していくしかありませんが、まだ元気な髪やこれから生えてくる髪の毛を傷ませずにケアしていくことで、いつまでもキレイな状態で色々なスタイルを楽しめるようになります。

風邪をひかなければもちろんAPNEKでもこのジカルボン酸を導入しています・・・

普段のシャンプー、トリートメントの質やお風呂上りはなるべく早くドライヤーで乾かすなど最低限のケアは必要ですけどね(゚Д゚)ノ

APNEKでは傷まずキレイな髪をいつまでも楽しんでもらえるよう、他にも色々なダメージレスを主としたメニューで皆様をお迎えしておりますので、

これから小出しに語っていきますねw

 

トリートメント

大ちゃんでしたw